あくとあくたーあくとれす

萌えるお兄さん(馬&鹿)

スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ▲ Pagetop

読んだ人は不快になるかもしれないけど… [どうでもいい話]

2006.07.03 Mon 01:06

今、目が見えない女の子のドキュメンタリーを見ている。

察した人は戻るを!

じゃあ続けよう。
僕はこのての番組が嫌いだ。つまりは、障害を持った人を番組に使うのがげせない訳。

テレビ番組は基本的に視聴率を考えて作成されている(ハズ)。
バラエティは笑いをドラマはストーリーを追った感動を与えてくれる。
じゃあドキュメンタリーは何を伝えたいのか?

僕はこれも感動だと思う訳ですわ。でもね、ドラマとは違う。障害を持った人が成功を夢見て頑張ってる姿は確かに感動するんだが、どうにもこうにもやりきれないんですわ。

なんかね汚い感じがするわけ。

自分もテレビ局も。

だって、リアリティとドラマの間にあるドキュメンタリーはちょいと現実離れして親とか兄弟とかに感情移入して勝手に感動するんでしょ?そこには自分はそうじゃなくて良かったみたいなものがある気がするしそれは障害を持った人たちを完全に下に見ている気がする。と考えている僕がそう思いたくないのに思ってるんじゃないかって嫌な気分になる。
テレビ局は一定の視聴率が見込めるしね。

でも見ちゃうし感動しちゃうのは内緒☆
スポンサーサイト

Trackback[0] Comment[8] ▲ Pagetop

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。