あくとあくたーあくとれす

萌えるお兄さん(馬&鹿)

スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ▲ Pagetop

読んだ人は不快になるかもしれないけど… [どうでもいい話]

2006.07.03 Mon 01:06

今、目が見えない女の子のドキュメンタリーを見ている。

察した人は戻るを!

じゃあ続けよう。
僕はこのての番組が嫌いだ。つまりは、障害を持った人を番組に使うのがげせない訳。

テレビ番組は基本的に視聴率を考えて作成されている(ハズ)。
バラエティは笑いをドラマはストーリーを追った感動を与えてくれる。
じゃあドキュメンタリーは何を伝えたいのか?

僕はこれも感動だと思う訳ですわ。でもね、ドラマとは違う。障害を持った人が成功を夢見て頑張ってる姿は確かに感動するんだが、どうにもこうにもやりきれないんですわ。

なんかね汚い感じがするわけ。

自分もテレビ局も。

だって、リアリティとドラマの間にあるドキュメンタリーはちょいと現実離れして親とか兄弟とかに感情移入して勝手に感動するんでしょ?そこには自分はそうじゃなくて良かったみたいなものがある気がするしそれは障害を持った人たちを完全に下に見ている気がする。と考えている僕がそう思いたくないのに思ってるんじゃないかって嫌な気分になる。
テレビ局は一定の視聴率が見込めるしね。

でも見ちゃうし感動しちゃうのは内緒☆
スポンサーサイト

Trackback[0] Comment[8] ▲ Pagetop

COMMENT

いやぁ~ [黒ねずみ]

ドキュメンタリーは数字がなかなか見込めないという話ですよ。

ドキュメンタリーを制作する側としては、核として「普段(健常者には)見えない世界を取り上げたい」という、メディアにしては少々個人的な感情が先行してたりするみたい。

こういう世界もある。
こうして生きている人も居る。
それ以上でもそれ以下でもない現実を伝えるために、ドキュメンタリーはあるんだと思う。

それを、可哀想とか感じてしまうのは、受けて次第で。

難しいけど、そういう感じみたいだよ。

2006.07.03 Mon 09:27 *Edit ▲ Pagetop

ふむふむ [kozuedaira]

そうなんか。
数字取りやすい気がしたんだけどな~。

可哀想だとか思ってないよって言うと思ってるみたいだし、何も思わないのは負けた感じがするし。NEETみたいだけど。
実際は思ってるんだろうねどっかで。

2006.07.03 Mon 12:19 *Edit ▲ Pagetop

難しい話をしますな。 [がん]

僕は障害者という表現が嫌いですよ。
何このわけ方?

所詮はいわゆる健常者と呼ばれる奴らが見下してるように見えません?

障害者という表現がこの世にあるのであれば眼鏡やコンタクト付けてる人も立派な障害者だと思ってるんだがなかなか同調してくれる人もいない。

ちなみに僕は肥満細胞と膝に障害抱えています・・・

2006.07.03 Mon 12:35 *Edit ▲ Pagetop

[涼子]

にゃるほどね・・・。
確かにそうかも。
私もこういう番組見ちゃうけどさ、
感動して涙すると同時にその人と自分を比べて「自分はこういう人と比べて幸せなんだ」って思うじゃん。
それってある種の差別だよね・・・。
その人にとっては迷惑な話かもしれないのう。
よくハンディを持ってる人は同情されるのが嫌いだっていうし。
「同じ人」として扱ってほしい人にとって同情とか哀れみって一番不必要なものなんだろうね。

でも、沢山の人たちがそれで勇気をもらったりするし無駄ではないと思う★

って、眠いのでわけわからない文章だったらごめんなりw

2006.07.03 Mon 22:28 *Edit ▲ Pagetop

[ran]

何気に世間一般で言われている障害者は自分で自分を障害者だからという人もいるらしいネー。そこに楽さを感じてる人もいる。
要は十人十色。
そういった意味ではドキュメンタリーもバラエティもドラマも情けなくなるくらいに似通っていると感じてしまう。
主観的な価値観で生きるのが一番楽ヨネー。。

2006.07.03 Mon 23:32 *Edit ▲ Pagetop

[]

珍しく真面目なこと書いてるなー。
んーまぁ、『こういう人がいるんだなぁ』って認識する反面で『自分はそれに較べて幸福だ』みたいな考えって割と突き詰めて行けば番組見てる人、誰もが考えざるをえない気がすんだよね。

俺的にドキュメンタリーは他人の日常をマスメディアって言うフィルターを通して覗き見るってことだと思うから、共感であれ蔑視であれどんな感情が生まれてもある意味『仕方がない』と思う。

供給する側に自らにとっての非日常への好奇心と野次馬根性が表裏一体になって存在する限り、それは社会が求めてるってことにも繋がって行くんじゃないかな。

ま、好き好きってことだね。
ちなみに俺は知識を得られる点では肯定的だけど、感情を揺さぶるようにしむけて来る構成演出とかは大嫌いかな。

2006.07.03 Mon 23:50 *Edit ▲ Pagetop

結構反響あるね… [kozuedaira]

>がん
俺も含めて太ってるってのも目が悪い人(後天的にも)も健常じゃない気はするぞなもし。
住み分けが難しい。

全盲と色盲と近視と遠視とか…。

>Ryoちゃん
間宮兄弟見に行きてぇ…。
同情かわからにぃけど席譲ろうとしたら拒否られたりする。

>ranそしてredsky
そんなんよね。自ら障害者ですよって主張する人もいれば同情されたくないって言う人もいる。だから大変なんだな(泣)

>克っちゃん
んだね。テレビだととりあえず感動させる系に持っていくでしょ…。それがえげつない。

2006.07.06 Thu 00:46 *Edit ▲ Pagetop

[涼子]

おおー!いこうよ☆
あたしもこの前「日本沈没」見に行きたくて電話したんだよ♪
この際2本立てでもいきますか(笑)

2006.07.10 Mon 00:02 *Edit ▲ Pagetop

COMMENT FORM

 

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://kozuedaira.blog39.fc2.com/tb.php/64-b446d4e0

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。